先週末はとても寒かったですね。

2月13日、今日は天気も良く日中は暖かくなりそうですね。

結婚式では子どもたちに参加していただくことがあります。

指輪を運ぶリングガール(リングボーイ)の他に

トレーンベアラーという役があります。

この役は新婦様のドレスのトレーンや長いベールの裾を

新郎新婦様ご入場の際にもって後ろを一緒に歩く役です。

 

トレーンベアラーの役は

華やかな格好をした2人のお子様に参加していただくことが多いです。

女の子にとても人気のある役目ですが

海外では男の子の役目とする国もあるそうです。

 

トレーンベアラーはヨーロッパ貴族の習慣から生まれました。

貴族の間ではトレーンの裾の長さは家柄の格の高さ、

貴族的な豪華さ、上品さを顕すものと考えられていました。

トレーンが長くなる分、ドレスは重たくなります。

そこで貴族たちは子どもの召使いに持たせようと考えました。

以後、結婚式でも同様にトレーンベアラーの役目ができました。

 

リングガールやトレーンベアラーなど

子どもたちが参加する結婚式は和やかでアットホームな雰囲気になります。

結婚式の演出に、ご検討なさってみてはいかがでしょうか。