ウェディングブーケを保存する3つの方法

結婚式、披露宴のブーケは

感動や思い出のつまった素敵なアイテムです。

できれば捨てることなく、大事に保存したい方に

ウェディングブーケの残し方を3つご紹介します。

まず、ブーケを押し花にする方法です。

額に入れて飾ることができますので

持ち運びがしやすく、場所をとらないメリットがあります。

多少変色してしまいますが

作り方によって、豪華なものに仕上げることもできます。

 

ブーケを押し花にしたい方は

生花が新鮮な結婚式当日に作成開始できるよう手配しましょう。

 

ブーケをそのままの形で保存したい方は

ブリザーブドフラワーがおすすめです。

ブリザーブドフラワーは専用の液を使って

生花に近い状態で長時間保存ができるようにしたものです。

少し費用はかかってしまいますが

生花のやわらかさや色、形をブーケにかなり近い状態で残すことができます。

ブリザーブドフラワーは湿気に弱いですので、保存する場所に注意が必要です。

 

自分でも簡単にできる方法で保存したい方は

ドライフラワーがおすすめです。

手作りする場合はブーケを風通しのよいところにつるしましょう。

乾燥して保存できる状態になります。

しかし、変色・変形することは見込んでおく必要があります。

また、費用はかかりますが、プロ仕様のドライフラワーであれば

立体的にブーケそのものの形を残すことが可能です。

密閉した容器で長時間保存することができるようになります。

 

ブーケを保存することは当日の感動、思い出を残すひとつの方法です。

ブーケを残したい方はお二人にぴったりの方法をご検討ください。

o0640048012925936052




バラ100本の花束ギフト【花*花】
贈り物にブリザーブドフラワーを。父の日向けの贈り物もございます。